侮れない中国の商売!

侮れない中国の商売!

先日面白いニュースを見かけました。
現在テレビやネットでは、中国との領土問題で持ちきりです。
そろそろ静まるかと思いきや…。
事態は大きくなる一方だと思います。

そんな中中国では反日デモが行われています。
今は禁止通告が出されたので、収まりを見せているそうですが…。
反日デモには驚きの事実が潜んでいました。

デモを簡単に表すと、度の過ぎた嫌がらせです。
私が住んでいた大阪でも、建物を壊す際にデモが行われていた事がありました。
さすがに放火や投石などはありませんでしたが…。
朝から看板を持った人々が、スピーカーで反対運動をしていました。

反対運動が終わった後にその建物へ行くと、建物には『壊すな!』や『反対!』などと書いた張り紙やペンキで文字が書かれていました。

こういったデモは、提案者が必ず居ます。
そして参加してくれる人を集め、行われます。

しかし中国で行われた反日デモは、かなりの人数でした。
元々日本を嫌っている中国人はたくさん居ますが…。
中には反日デモに興味の無い人も居るはずです。

あれ程大規模なデモを起こすきっかけは何なのだと疑問に思っていましたが…。
実はデモに参加する事でお金が貰えるシステムになっていたそうです。

もちろん全てのデモが日給制ではありませんが…。
デモに参加すると大体1200円程の日当を受け取っていたそうです。
「お金が貰えるのであれば参加しよう」と思う人はたくさん居るのではないでしょうか。

そしてデモが禁止された今でも、中国ではある商売人が喜んでいます。
それはデモを理由に『愛国ステッカー』を販売している人々です。

デモの被害に遭うのは、日本人や日本人経営の飲食店です。
細かいデモでは日本車などもデモの対象になってしまいます。

日本は嫌いだけど、日本車に乗りたいと考えている人も居るらしく…。
そういった人に『愛国ステッカー』を販売しているのだと思います。

愛国ステッカーには中国語で「心は中国」と書かれているそうです。

今回のデモで中国に住んでいる日本人は大きな被害に遭いましたが…。
被害にあっているのはある意味日本人ばかりでは無かったのだと思いますね。

領土問題が解決するまでは、安定した関係に戻す事は出来ないのだと思います。
これ以上問題が大きくならない事を祈るばかりです(–;)

同性愛者との結婚?

同性愛者との結婚?

先日ニュースを見ていると、またもや驚きのニュースを発見しました。
それは同性愛者の娘と結婚をすると、50億円貰えると言う物です。
一見全く意味の判らない内容ですが、これには父親の愛がたくさん詰まっています。

この出来事は香港の富豪が提案した物です。
富豪の娘さんは、同性愛者で8年間交際した女性とパリで結婚してしまったそうです。
父親からしてみれば、男性と結婚して欲しかったのだと思います。

怒った父親は、結婚相手をお金で探す事になりました。

そんな事をしてしまうと、娘さんが怒るのでは無いかと思いましたが…。
娘さん自体も父親がそこまで自分の事を考えているのだと感激したそうです。

父親はこの際娘さんを異性愛者に戻せるのであれば誰でも良いと考えているそうですが…。
かなりの申し込みが殺到していると書かれていました。

確かに同性愛者同士の結婚は、祝福されません。
香港では死刑になる事はありませんが…。
国が違えば死刑になる事もあるのです。

死刑にはならないにしても、祝福される事が無いのは悲しい事実です。
父親からしてみれば、祝福される結婚をして欲しいと考えているのでしょうね。

ただ一つだけ心配な事は、莫大な金額です。
50億あれば遊んで暮らす事が出来る額だと思います。

真剣に交際を考える男性ばかりが集まれば良いですが、お金目当ての方ばかり集まってしまうのでは無いかと不安に思います。

娘さんも様々な男性と親睦を深める事になると思いますが…。
心の中で「お金目当てでは?」と疑う事になるのではないでしょうか。
滅多に無い出来事なので私はあまり理解する事が出来ません(^^;)

そしてもう一つ疑問な事、それは異性愛者に戻る事が出来るのかと言う事です。

私の友人にも同性愛者が居ますが…。
多分彼女はずっと同性愛者のままで居るのだと思います。
今では男性ホルモンを注射したお陰で見た目も声も男性のようになりました。

外見は真剣に戻そうと考えれば、戻せるかもしれませんが…。
気持ちを戻すのはかなり難しいと思いますね。

同性愛者になるきっかけは、男性とのトラブルなトラウマがある場合があります。
一度トラウマを持ってしまうと、もう普通の男性と恋愛をする事が出来なくなる事もあるのだと思います。

そういった困難も踏まえて今回のような金額を出したのだと思いますが…。
娘さんが良い男性と結婚出来れば良いと思いますね。

男性の気持ちに共感!

男性の気持ちに共感!

一週間程の前の出来事ですが、長年続いていた友人カップルの危機が訪れていました。
友人カップルは交際を始めてから3年以上経ちます。
今までも何度か喧嘩をしていましたが…。
まさか彼女側が「別れる」と宣言をするとは思いもよりませんでした。

友人カップルの彼女側は、中学校からの仲です。
落ち着きがあり、何事にも大らかに対応します。
多少の事で怒る事も無く、我慢強い女性だと思います。

一方彼氏側は小学校からの仲です。
昔から熱中したものは、とことん熱中する一本道な男性だと思います。
一度普段は適当ですが、付き合えばとことん大切にしてくれると言う面があります。

お似合いなカップルだとずっと思っていましたが…。
彼女側が別れを考える程怒らせた原因は何かと思いきや、その原因は彼氏側の趣味にありました。

彼氏はとにかくゲームが大好きなのです(^^;)
小学生の頃からよく一緒に家でゲームをしていました。
私も小さい頃からゲームが大好きだった為、よく格闘ゲームなどを楽しんでいました。

ゲーム好きなら誰もが一度は経験する事ですが…。
熱中しているゲーム程、周りが見えなくなってしまいます。
ゲームをしている本人は10分程に思えても、時計を見ると一時間経過している事もあります。

ゲームをしている本人には問題はありませんが…。
それを横で見ている側は、かなり暇だと思います。

長年付き合ったカップルだからこそ、長年積もった彼女側の苛立ちが爆発したのだと思いますね。

話し合った結果、もう一度考え直す事になったそうですが…。
多分ゲームを止める事は出来ないのでは無いかと思います。

私も以前までよく交際していた男性に怒られていました。
私も一度ゲームをやりだすと、誰が居ようと一人の世界に入ります。
恋人からすれば「何で一緒に居る時までゲーム?」と思ったに違いありません。

それ程ゲームの力は凄いのだと思いますね。

現在の恋人は何時間ゲームをしていても怒りませんが…。
ゲームをしない女性からすればかなりストレスになっているのかもしれませんね(・・;)
せめて彼女と居る時は、ゲームをしない事が一番なのだと思います。

せめて一緒に出来るゲームなどを選ぶ事が一番無難なのかもしれませんね。

美容院での悲劇

美容院での悲劇

先日、美容院に行きました。
今回は、イメージチェンジで肩くらいまで髪を切ろうかなとも思ったりもしていました。
でも、髪を伸ばすのはなかなか大変なことなことですよね。
そう考えると、切る決心がつきませんでした。
そして、結局いつも通り髪の長さは変えず、縮毛矯正をして揃えてもらう程度にする、といういつものパターンでお願いしました。

この日は、朝から鼻炎がひどかったのですが、美容院の予約の時間ぎりぎりまでいろいろと用事があったので、鼻炎薬を飲む暇がありませんでした。
まあそんなにひどくはないだろうと思い、そのまま美容院に行きました。
でも、それが大きな間違いでした。
美容院に行って、まず縮毛矯正のための薬剤を塗ってもらっているときから鼻水が止まりませんでした。
私は美容院に行くと、切ってもらっているときはだいたい雑誌を読んでいるのですが、このときは下を向くと鼻水がすたすたと落ちるくらいひどかったので、雑誌を読むこともできませんでした。
そして、あまりに鼻水がひどかったので、美容師さんにティッシュをもらいました。

そんな状態だったので、自分の髪がどんな状態になっているのかもよく見ていませんでした。
まあ、いつも同じ美容師さんで、同じメニューなので、何か不都合なことが起こるとは考えられなかったので、そこはあまり心配していませんでした。
美容師さんも私の鼻炎があまりにひどいので、何度も大丈夫ですか?と声をかけてくれました。
この日は、縮毛矯正のためのトリートメントもしたので、いつもより時間がかかりました。
鼻が苦しいので、それがとても苦痛でした。
鼻炎薬を飲んでこなかったことをものすごく後悔しました。
トリートメントが終わって、髪を乾かしてくれるときに、美容師さんは髪をきれいにブローしてくれます。
とにかく早く終わって欲しかったので、そのブローはもういいです、と断りたいくらいでした。

美容院にきてからおよそ3時間ほどで全てが終わりました。
これはいつもよりちょっと長めの時間ですが、今日は特別長く感じました。
終わったときは、心の底からほっとしました。
そんなこんなで髪に集中ができなかっのですが、仕上がりはいつも通りでいい感じに仕上がっていました。
今度から鼻炎の兆候があるときは、必ず鼻炎薬を飲んでから美容院に行こうと心に決めました。

新オープンのお店

新オープンのお店

職場にきている新聞に入っているチラシをよくみんなで見ます。
何か安いものはないかチェックしているのですが、今日はちょっと怪しいチラシを見つけました。
そのチラシは、新しいお店のオープンのチラシでした。
そのお店の名前は、アルファベット3文字で、健康食品などを販売しているというお店でした。
そのお店は、オープン記念で20食入りのラーメンが100円、お米が2キロで100円など先着100名様限定でタイムセールを行っていました。
「この100円は安いよね、試しに行ってみようか」という話になったのですが、チラシに載っている商品がなんとなく怪しかったので、やめることにしました。

そのチラシに載っていた商品は、普通にソースなどの調味料やジュースなどがあったのですが、その中にちらほらと数万円するような健康食品や健康器具などが入っていました。
いったい何を売りたいのかよく分かりません。
その健康食品があまりに高かったので、「セール品目当てで買い物に行って健康食品を売りつけられそうな気がするよね」とみんなで話していました。
そんな話から、しつこい勧誘を受けた話になりました。
同僚は、大学生の頃、旅行に安く行くことができるという会員制のクラブの勧誘を受けたのだそうです。
電話で勧誘を受けて、同僚はちょっと興味を持ったので、その店舗まで行ってみたのだそうです。
でも、会費などがとても高かったので、話にならないと思い、はっきりと断って帰ったのだそうです。
「あのとき、何事もなく帰ることができてよかった」と言っていました。
他の人もエステの勧誘にのってお店まで言ったことがあると言っていました。
体験ということでお店に行ったのだそうです。
でも、エステの料金がとても高かったので、支払うことができない、と言ってはっきり断ったのだそうです。
勧誘にのってもはっきり断ることができればいいですよね。
私も英会話学校の勧誘にのって学校まで行ったのですが、授業料が高かったので断って帰ったことがあります。

仕事が終わって家に帰る途中に、その怪しいお店があったので、ちらっと見てみると、たくさんの車が止まっていました。
ちょうどタイムセールの時間だったので、お客さんが殺到しているのかもしれません。
案外、お目当てのものだけ買ってすんなり帰れるのかもしれない、と思ったのですが、お店に寄るのはやめました。
本当のところ、どんなお店だったのでしょう。

久しぶりのいとことの再会

久しぶりのいとことの再会

先日、法事で久しぶりにいとこに会いました。
そのいとこには、10年以上、いやそれ以上会っていませんでした。
いとこが今何をしているのか、だいたいの話は母から聞いていたのですが、実際に会って話しをすることはありませんでした。
久しぶりに会ったいとこを見て、大きくなったな~というのが最初の感想でした。
いつまでも子供のイメージがあったのですが、いとこももう32歳のいい大人です。
大きくなるのは当たり前ですよね。

いとこは、中学生の頃から悪い仲間と集まるようになり、叔母さんにいろいろと迷惑をかけることもあったのだそうです。
家出をして、叔母さんと家の母が2人でいとこを探しに行ったこともあったのだそうです。
母も一緒に探しに行っていたということは全く知りませんでした。
いとこは高校を卒業した後、定職につかず、いろいろな仕事を転々としていたのだそうです。
そして、音楽にはまり、その音楽で大きな借金をしてしまったのだそうです。
いとこはそのことを叔母さんに隠していたのですが、督促の電話が叔母さんのところにもかかってきたことで借金がばれてしまい、それから借金を返すためにとにかく仕事に励んだのだそうです。
いとこは、何年か前になんとか借金を返済してしまい、今は結婚して先日子供も産まれたのだそうです。
いろいろあったけれど今は落ち着いているので良かったのではないかと思います。

いとこは、悪い仲間とつるんだり、借金を作ってしまったりしながらも、労働意欲はあるようで、とにかくなんとかして仕事に就いてお金を稼ごうという気持ちはあるようです。
何も仕事がなかったときは、日雇いの仕事を求めて早朝から仕事をもらうために出掛けていたと叔母さんが言っていました。
労働意欲は大事ですよね。
どんなにいい大学を出ていても、どんなにいい人でも労働意欲がなければ生活していくことができませんからね。
そこはいとこの良いところだと思います。
いとこの奥さんもとても良い人だと母が言っていました。
子供も産まれたことだし、これから家族のために今以上に頑張らなければいけませんよね。
その奥さんが脱毛に興味を持っていると話を聞きました。子育てが落ち着いたら通いたいらしいという事です。
今は横浜近辺に住んでいるらしいので、近くにいい場所がないかと「脱毛サロン 横浜」と入れて検索してみました。
これなら主婦の方でも気軽に通えそうですね。

これを機にたまに会おうねといとことも話していました。
これからお互いに協力できることがあれば協力しあいたいなと思います。

朝の出来事

朝の出来事

今朝、同僚が職場に来る途中にフィリピンから来た研修生の彼が歩いて職場に向かっているのを見かけたのだそうです。
職場まではまだ結構距離があり、同僚は車だったので、車を止めて、彼に声をかけたのだそうです。
彼は、同僚の顔は知っているので、「ありがとう」と言って車に乗ったのだそうです。
彼を車に乗せたまでは良かったものの、彼を車に乗せてからは、お互い無言が続いたのだそうです。
同僚は、簡単な英会話はできるのだそうですが、何か会話をしなければいけないとなるとなかなか言葉が出てこなかったのだそうです。

私は英会話はほとんどできません。
単語をつなげてとジェスチャーでなんとか分かってもらえるかな‥くらいのレベルです。
中学、高校、大学と英語を勉強したにも関わらずこのレベルなので、いったい何を勉強してきたのだろうという感じですよね。
でも、私のような人はわりと多いのではないでしょうか。
私も留学生の彼と職場で顔を合わせても言葉が出てこないので、にこっと笑って挨拶をする程度です。
逆に彼のほうが簡単な日本語を覚えだして、「こんにちは」と言ってくれました。
話そうと思えば少しは話すことができるかもしれないけど、伝わらなかったらどうしようと思ったりしてなかなか話すことができません。
外国の人と接する機会があるたびに英会話を勉強しようと思うのですが、実行に移せずにいます。

同僚は、車の中で、「いつもどうやって職場まできているの?」と聞こうと思ったそうなのですが、難しく考えすぎてしまって、運転に気をとられていたこともあり、結局聞くことができなかったのだそうです。
今思えば自己紹介をまだしていなかったので、自己紹介をすれば良かったと言っていました。
自己紹介なら簡単にできますよね。
後で落ち着いて考えるといろいろと思い浮かぶけれど、いざとなったら何も出てこないものですよね。
でも、彼は同僚が車に乗せて職場まで送っていってくれたことを喜んでいたようです。
彼が歩いていたところから職場までは、2キロくらいはあるのではないでしょうか。
しかも坂道を登ってこなければいけないので、彼にとっては嬉しいことだったのではないかと思います。

車に乗せてあげようと車を止めて彼に声をかけた同僚も親切な人だなと思いました。
会話が全くなかったことを同僚は悔やんでいましたが、優しい気持ちは伝わったのではないかと思います。

焼肉屋さんでランチ

焼肉屋さんでランチ

今日のお昼、職場のみんなでランチに行きました。
どこに行くかいろいろと話していたら、「焼肉を食べたい」という人がいました。
昼から焼肉か‥と他のみんなは思ったのですが、まあ、たまにはいいかもしれないということで、職場の近くの焼肉屋さんに行きました。
その焼肉屋さんの名前は、「清香園」という名前です。
同僚が、「清い香りの園って言うと焼肉を感じさせないよね」と言いました。
確かに漢字を一文字ずつ見れば清々しい響きがありますよね。
この清香園は、長崎では有名な焼肉のチェーン店です。
誰も夜はここで焼肉を食べたことがあるけれど、ランチは行ったことがないと言っていました。

お店について、何を食べるかメニューを開きました。
ランチメニューは、ハンバーグやしょうが焼き、牛丼、そして焼肉などいろいろなものがありました。
焼肉ランチは、ロースやカルビなどのお肉と野菜盛り、ご飯、サラダ、お味噌汁、キムチがついて1380円でした。
これなら納得のお値段ですよね。
焼肉が食べたいと言っていた人はこれに決めました。
レディース焼肉セットもあり、これは、塩豚カルビやモモカルビなど軽めのお肉にご飯、サラダ、お味噌汁などがついて980円でした。
同僚はこれを選びました。
私ともう1人の人は、石焼ビビンバ定食を選びました。
お肉も良かったのですが、焼肉屋さんの石焼ビビンバは美味しいというイメージがあったので、石焼ビビンバにしたのです。

料理が運ばれてきて、焼肉を注文した人は肉を焼き始めました。
それを見ると焼肉にすればよかったかな‥とちょっとだけ後悔しました。
焼いているお肉はとても美味しそうに見えました。
同僚にお願いをしてお肉と石焼ビビンバを少し交換してもらいました。
お肉はとても美味しかったです。
もちろん石焼ビビンバも間違いなく美味しかったです。
おこげになった部分が特に美味しいなと思いました。
石焼ビビンバはやっぱりいいですよね。
焼肉を食べた人は、その後、甘いものが食べたいと言い出し、1人でデザートセットを頼んでいました。
デザートセットではチーズケーキを選んでいたので、みんなで「太りますよ」と注意しました。

食べ終わるとみんな満足して職場に戻りました。
午後はみんな焼肉のにおいを漂わせて仕事に励みました。

初の東京JAZZに参戦!!

初の東京JAZZに参戦!!

初の東京JAZZ FESTIVALに参戦してきました!
こんな機会を与えてくれたスガシカオに感謝です。

JAZZフェスと言っても、私はジャズシンガーには詳しくありません。
カフェや喫茶店で流れているのを聴くのは好きですが、誰が演奏しているとか、誰が有名だとかはよく知りません。
でも、一度生で聴いてみたいとは思っていました。

今回行こうと思ったのは、スガ氏が出演すると知ったからです。
切欠がないと、なかなか観に行くことが出来ないライブだったなと思います。
スガ氏が出演するということで、私が観て来たステージはファンクの嵐でした(≧∇≦)b

全然情報は知らないけれど、バルカン・ビート・ボックスの熱いファンク・ジャズ・ヒップポップ等に酔いしれました。
いえ、大汗かきながら踊りまくりました。
2階席でしたけどね(笑)。

名前くらいは知っているタワー・オブ・パワーには、ただただ圧倒されるだけでした。
なんでしょうね?
音がものすごくセクシーです。
音楽ってこんなにセクシーなのか?
英語はリスニングも会話も出来ないので、MCなんて何を言っているのか分かっておりませんが、言葉の壁を超えるってこういう事だって思わされました。

最初で最後?
これから先も何度かあるといいなと思える共演が、RUFUS featuring スガシカオ with Special Guests タワー・オブ・パワー Horns Sectionです。
他のフェスならなんとなく想像がつくのです。
アコースティック系のあの曲かな?
ファンキーなあの曲かな?
でも、今回は全く分かりませんでした。
スガ氏の歌でありながら、スガ氏の歌ではなくなっていたような気がします。

メインはスガ氏ではないので、RUFUSに酔いしれました。
ファミシュガ時代(スガ氏をサポートしていた前バンド)を思い出させてくれました。
ボーカリストも半端ないです、スガ氏も負けずに地を貫いてセッションしていました。
最初は緊張した面持ちでしたが、最後のギターバトルはものすごく楽しそうだったなという印象です。
お陰で家に帰ってバタンキューでした。
腕も脚も筋肉痛です。

心地いい疲れですが、こんな時は次の日の仕事も辛く感じます。
酵素ドリンクを飲んで、
心も体も満たされてからゆっくり眠るのが一番です。明日も頑張ろうって思えます。

100万稼ぐ動機

100万稼ぐ動機

現代においては人間の幸せの中に経済的な問題は必ずあります。
その問題は逃げてはいけない問題です。 真理を探究していくときに経済的な問題を軽視してはいけないと思います。。
月収30万の人が月100万稼げれば人生が変わっていくと思います。
しかし、月100万は簡単なことではありません。
その月100万稼ぐためにはその動機がはっきりしてないといけません。 なぜ、月100万が必要なのか。。
何のために?誰のために? 私はとあるショッピングセンターでショップを経営していました。 近隣に競合のショッピングセンターができ、売上激減で数年後にお店を閉じました。 数千万の負債が残りました。
会社勤めをしながら負債を返済していきました。
この金融公庫等の負債には保証人がついていました。
保証人に方に迷惑をかけてしまうので絶対返済しなくてはいけません。 消費者金融から借りて返済していくしかありません。
結局、保証人のある負債は返済できました。
保証人のかたには迷惑をかけずに済みました。 それは本当によかったです。
でも、消費者金融の借り入れが1000万出来てしまいました。 お金はありません。給料だけでは返済できません。
それでお金のかからないインターネットで稼ぐ事にしました。
結局、携帯アフィリエイトにたどり着きました。 でも、最初のころまったく稼げませんでした。
借金、借金、返済、返済。
それしか私の頭にはありませんでした。 なぜ、月100万稼ぎたいのか?
私のその時の答えは「借金を返済したいから」 そうか、私の動機は借金返済なんだ。
そこにはワクワクするものは何もない。
夢もないし、向上する目標もない 。
そして、借金の事ばかりに頭を悩ませている
そんな人間にお金が稼げるわけがありません。
お金が寄ってくるわけありません。 そのことにやっと気がつきました。
そろそろ車がほしい。
ジープコンパスを買いたいです。